歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)による精密治療

マイクロスコープとは

ライカの歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)

マイクロスコープとは、顕微鏡のことです。

肉眼に比べ、何十倍もの拡大率を誇り、肉眼では見えない細部までも確認できるため、「精密な診断」および「理想的な治療」を実現することができます。 当院ではそのように従来よりも精密な治療を行うための歯科用マイクロスコープを導入しております。

世界的なレンズメーカーであるライカのハイパワーLEDとHDカメラのハイクオリティモデル。 全く新しい歯科用マイクロスコープです。

歯科用マイクロスコープを導入するメリット

マイクロスコープなら、肉眼で見える部分を拡大して確認できるだけでなく、肉眼では見えない部分まで確認できます。そのため、どんな小さな虫歯のリスクも見逃すことがなく、早期発見・早期治療に役立ちます。
そして、術野を拡大することで肉眼では見ることの出来ない歯の細かい凹凸や、隠れた根管、補綴物のフィットの状態など様々なことが分かるので、診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行うことが出来るようになります。

  • モニターを通して患者様がご自身の口腔内の様子を確認できる
  • クラウンやブリッジなどをミクロン単位で調整しながら装着できる
  • 歯質の除去を最小限にとどめながら理想的に処置できる
  • 歯周ポケットの測定や歯石の発見など歯周病治療に役立てることができる
  • 術後の感染や痛みなどのリスクを抑えることができる

歯周病治療

歯周病で歯を支える顎の骨や歯肉が大きく吸収されてしまった場合に、失われた歯周組織を再生させる治療を行っています。 再生を促す前には、感染部位の除去が必要になりますが、マイクロスコープを用いることで肉眼ではわからなかった感染部位を確認することができ、治療精度を高めることができます。

根管治療

歯根の中には根管(こんかん)と呼ばれる管があり、そのなかには歯の神経や血管が通っています。根管治療とは、虫歯が悪化して根管まで進行した場合に、虫歯菌に冒された神経や血管を取り除き、内部をキレイに洗浄して薬剤を詰める治療です。

根管は大変細かく複雑な構造になっており、通常肉眼で見ることはできませんが、マイクロスコープを用いることで、しっかり目で確認しながら理想的な治療を進められるようになります。

セラミック審美治療

審美治療では、銀歯をセラミックに取り替えたり、前歯部分を白いレジン(樹脂)で修復したりすることで歯を白く美しくします。 これらの治療にマイクロスコープを用いることで精度が高まり、見た目をよりよく仕上げることができます。

患部を拡大して確認できるため歯を削る量が少なくなり、使用するセラミック素材の量を減らすことができ、コストパフォーマンスを上げることにもつながるのです。

マイクロスコープの特徴

世界的な一流メーカー(Leica製・ライカ製)による
確かな光学性能と抗菌加工

当院で使用しているマイクロスコープは屈指のレンズメーカーによる光学性能はもちろん、パーツの継ぎ目を極力なくし、ケープル類も全て本体内に収納していますので ホコリが溜まりにくく、塗装もナノシルバーコーティングにより抗菌加工されている衛生面をよく考えた顕微鏡です。
ライカのロゴ

高精細アポクロマートレンズ

綺麗にハッキリ見えるレンズ(アポクロマートレンズ)

光学系には、色にじみ(色収差)がほぼ無いアポクロマート補正レンズを採用。 ライカ独自のコーティング技術と光学テクノロジーにより、低倍率から高倍率まで、ピントの合う範囲(被写界深度)が広く、綺麗な像を映し出します。

ハイパワーLEDダブルピーム照射

高輝度LEDで明るく照らします

ダブルビーム照射方式で術野に影の出にくい高輝度LEDが、口腔内を広く明るく照らします。 これにより一段高い治療技術を提供することができます。

エルゴオプティークと可動式鏡筒

顕微鏡を左右に傾けても、医師側の接眼レンズを一定角度に保つことが可能です。(エルゴオプティーク) また、鏡筒部の角度調整範囲は180°あり、これらの機能により歯科医師が不自然な体勢をすることなく安定した施術を行えます。

ライカ M320-Dシリーズ プロモーションムービー

プロダクト編
オペレーション編