インプラント治療 と 歯科用CT による治療計画

歯科用CT シロナ ORTHOPHOS XG 3D

シロナ ORTHOPHOS XG 3Dとインプラント治療が連携できます

パノラマやデンタル画像のみで、明確な診断が常にできるとは限りません。
・下顎管までの距離はどのくらいか?
・嚢胞性病変(のうほうせいびょうへん 病巣)の大きさはどれくらいか?
・どれくらいの骨が利用できるのか?
このような診断が困難な場合、CTの3次元画像は多いに役立ちます。

シロナ ORTHOPHOS XG 3D CT による、3次元画像はサージカルガイドを使用したインプラント治療や、詳細診断による精度の高い根管治療、歯周病治療が可能です。
高精細HDモードで撮影しても、放射線被ばく量が極めて少なく撮影できます。

CEREC meets GALAXIS システム
セレック3D と シロナ ORTHOPHOS XG 3D CT の連携

シロナ ORTHOPHOS XG 3Dとセレック3Dも連携ができます

セレックでデザインされたクラウンとCT画像が融合され、一つに表示されるのはシロナの特徴的な機能の一つです。 CTから作成した高精度な3Dデータを利用した、セラミックの被せ物の作成が可能となっています。

診断精度の向上によって、患者様は診断内容を明瞭に理解ができ、提案されている治療法にご納得いただいた上で治療を受けることができます。

インプラントで天然歯のように自由に食べられます

天然歯とインプラントの違い

「漬け物や、お肉を美味しくたべたい」
「人前で口元を気にせずおしゃべりを楽しみたい」
そんな患者様の声に、新しい解決法を提供します。 

インプラントは、歯の抜けた所に、インプラント(人工歯根)を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工歯をアバットメントで連結して装着する手法です。
天然歯とほとんど変わりなく、固い物でも楽に美味しく食べられるようになります。
これは入れ歯で悩まされている人にとっては夢のような歯と言われています。

極めて高い精度でインプラント埋入術を実施!

インプラント手術を成功させ長期安定させるには、いかに条件の良いポジションにインプラント体を埋入できるかがポイントになります。インプラント手術は人間の手によるものですので、ドリリングの方向や深度を理想的な位置に安定して行うための器材を使用できます。
当院では、そのようなリスクを最小限に抑え、ご不安ない手術を行うために、インプラント手術サポートシステム(siCAT Surgical guide)を採用しています。
以下の図は、サージカルガイドを使用したインプラント治療の流れです。
※サージカルガイドは必要のある方のみの使用となります。

サージカルガイドを使用したインプラント治療

インプラント治療に関するご質問や相談を受け付けております。
気になることがございましたら、ご遠慮なくご連絡下さい。

インプラント治療例

1本のインプラントによって、あたかも自分の天然歯のように自然に感じられます。
顎骨の“萎縮”の心配もなく、本来の骨を維持できます。 ブリッジを入れる時のように健康な隣りの歯を削る必要もありません。

インプラント施術前 → インプラント施術後
インプラント施術前   インプラント施術後
インプラント施術前
インプラント施術前
→
インプラント施術後
インプラント施術前

歯科用CT撮影、初回無料サービス実施中!

原歯科医院では歯科用CTを利用してインプラント治療のシミュレーションを行ってから施述をすることが可能です

東中野 原歯科医院では、CT撮影を初回無料にて行なうサービスを実施しています。

インプラント治療や親知らずの抜歯にCTを利用すると、埋入する部位の術前の骨の状態確認(質や厚み、高さ、形態など)や、抜歯における状態確認ができます。 歯科用CTでの撮影画像をもとに、理想的な治療計画を立てることは、ご不安ない治療への第一歩です。